skip to Main Content
Menu

日本ブラジリアン柔術連盟|全日本キッズ柔術選手権@東京都墨田区総合体育館

日本ブラジリアン柔術連盟の「全日本キッズ柔術選手権」に出場しました。

2017年7月22日に東京都墨田区総合体育館で開催された「日本ブラジリアン柔術連盟|全日本キッズ柔術選手権」に高本道場から4選手が出場しました。

この大会は、中学生以下の子ども達が、年齢・体重別で分かれて戦う、国内最大級の柔術トーナメントです。

選手達は、この大会に向けて、ほぼ毎日、柔術の練習に励んできました。

毎日となると、ただの習い事というレベルではありませんね(笑)

選手も指導者も大変です。

大会結果

結果は金×1、銀×1、銅×1でした。

柔術を始めた当時は、運動が苦手だった子が金メダルを取った時は、本当に感動しました。

勝った選手はそれを自信にして、負けた選手はそれをバネにして、更なる飛躍をしてもらいたいです。

格闘技は、子供の習い事におすすめです

お子さんの習い事として、格闘技はとても良いと思います。

まず、スポーツとして

練習に励むことで、もちろん身体を強くします。

柔道や柔術などの格闘技では足腰のトレーニングだけではなく、身体の体幹トレーニングにとても効果的です。

また、全身を意識し動かさなければ強くなりませんし、体重の配置も大事です。

バランス感覚を養い、身体の使い方、動かし方が上手になります。

そして、精神的な成長

高本道場では、試合を強制しません。

試合に出るという事は、それぞれの子供の自由です。

それ故に、自分の能力・競技への取り組み・日常の過ごし方、全てが残酷な程に試されます。

試合に出るという事は、一対一で相手と闘うという事です。

大人だって、面と向かって相手と白黒つけるという事は、なかなかありません。

そこに子ども達が向き合うという事だけで、尊重できる行為です。

そんな凄いことを経験して、精神的な成長が無い訳はありません。

勝っても負けても、子ども達は凄い成長を遂げます。

目に見えた変化がなくても、必ず変化があります。

そこに気づくのが指導者の役目だと思っています。

ブラジリアン柔術キッズ全日本選手権

ブラジリアン柔術は、素晴らしい競技

ブラジリアン柔術は、スポーツと武道の良い面を併せ持った、素晴らしい競技です。

今後もブラジリアン柔術を通じて、心身ともに逞しい子ども達を育てていきたいです!

年齢や性別に関係なく楽しめるスポーツなので、ご興味のある方はぜひ道場体験に来てみてください。

見学だけでも、もちろんOKです^^

わからないことや、不安なことは「お問い合わせフォーム」よりどうぞお気軽にお問い合わせください。

Back To Top