skip to Main Content

SJJJF全日本柔術選手権 、結果③

SJJJF全日本柔術選手権に高本家キッズが出場致しました。

高本千代 選手:
階級(アダルト白帯ライトフェザー級):優勝
大人の年齢カテゴリーに挑戦致しました。準決勝はスイープとパスガードを決めてポイント5-0で勝利し、決勝はポイント0-0からサドンデス延長戦で投げを決めて、見事に接戦をものにしました。
無差別級(ジュブナイル白帯オープンライト級):優勝
決勝で、得意の引き込みから腕十字を極めて一本勝ち致しました。

千代選手はダブルゴールド達成でした。

高本桂輔 選手:
ティーン黄帯ライトフェザー級:準優勝
決勝は、お互いにテイクダウンを取り合ったあと、相手の引き込みからの腕十字に捕らえられてしまいました。
決勝前にトラブルに見舞われ、平常心で試合に臨めなかったようです。
桂輔選手は繊細さんです。

高本哲至 選手:
ジュニアティーン黄帯ミドル級:優勝
決勝は、引き込んで来た相手にパスガードを決め、腕十字を狙いました。腕十字はこらえられましたが、その後も安定した試合運びでポイント勝ち致しました。

高本珠緒 選手:
ユース灰帯フェザー級:優勝
決勝は、相手の引き込みに小内刈りを合わせましたが、ノーポイント。その後、パスガード→マウントポジションでタイトに抑え込み腕十字を極めて一本勝ち致しました。
姉兄弟の陰にひっそりと隠れている珠緒選手ですが、投げも下攻めも上攻めも全てできるオールラウンダーです。

皆、頑張りました。

応援、ありがとうございました。

Back To Top